amazon

Now Loading...

Windows 8.1 Previewでネットワークの場所のプライベートとパブリックを切り替えるには

Windows 8.1 Preview をARROWS Tab Wi-Fi QH55/Jに入れてお試しをしています。再起動時に青画面で落ちる以外は何となく動いています。
インターフェースが微妙に変わっていてイライラが募ります。もっともイライラしたのがネットワークの場所(Network Location)を変える方法が判らない事でした。



ネットワークの場所というのは接続するネットワーク毎にセキュリティ設定を自動で替えてくれる機能です。自宅のWiFiにつないでいる時はファイル共有などを使うでしょう。しかし、コーヒーショップなど家の外のWiFiにつないでいる時にファイル共有が有効のままでは知らない人に自分のファイルを公開する事になってしまいます。
これは困るのでWindowsでは"ネットワークの場所(Network Location)"と言う機能でプライベートとパブリックの2種類のネットワークの接続先を定義できます。(実はもう呼び方が違うのかも?)

Windows 8.1 Previewを入れてから家のWindows Home ServerへのVPN接続を新しく追加しました。外出先で家のサーバーファイルにアクセスするためです。
しかし、新しく作ったVPN接続の"ネットワークの場所"がパブリックとして作られています。


このままでは自宅のネットワークに接続しても共有フォルダーにアクセスできません。パブリックネットワークとなっているのをプライベートネットワークにしなくてはなりません。

Windows 8を初めて使った時も切替方法がわからず悩みまくりました。ちなみにWindows 8の場合はチャームでネットワークを表示させて右クリックでできます。


Windows 8.1でも同じだろう・・・ とクリック タップをしまくりますが何も起きません!
コントロールパネルを丹念に開いて探しますがどこにも切り替えできそうな画面は有りません!
私はWindows 8 Proにアップグレードしていたので あきらめてグループポリシーエディタで変更してしまいました。
その後も検索しまくりやっと見つけました。
Windows 8.1の場合はチャームを表示させて”PC設定の変更” → "ネットワーク"と進みます。ここでネットワーク接続が一覧表示されます。

 
編集をすれば良いはず・・・

"デバイスとコンテンツの検索" というのが表示されます。オンにするとプライベートネットワーク、オフにするとパブリックネットワークになります。


しかし、なんと、この切り替えができるのは所望のネットワークに接続している状態のみのようです。未接続の状態だと上記の画面は表示されません! あり得ない! このポイントに気づくのに1時間かかった。

ここまで探すのにかなりイライラしてしまいましたが、このブログの画面キャプチャを撮るのでさらにイライラが・・・タブレット使いにく! マイクロソフトはもうダメかもわからんね。

正式リリースでやり方が変わらない事を祈ります。

コメント

  1. 確かに分かりにくいですね。マイクロソフト、なんでこんなに仕様を分かりにくくするんでしょうね。

    返信削除

コメントを投稿

amazon

Now Loading...

最近のコメント

Threaded Recent Comments will be here.