投稿

ラベル(Debian Stretch)が付いた投稿を表示しています

amazon

Now Loading...
Now Loading...

RASPBIAN Version:June 2018が公開されました

RASPBIANが更新されました。Version:June 2018が公開されています。
誰もが使う訳でもないプログラムがイメージから削除され、”Recommended software”というプログラムで追加インストールするようになりました。

TinkerOS_Debian V2.0.7が公開されました

TinkerOS_Debian V2.0.7が公開されました。
一旦公開された後取り下げられていましたが再公開されたようです。

TinkerOS Ver.2.0.4に日本語環境を設定する手順のビデオを作りました。

イメージ
久しぶりにTinker Boardを触っています。
日本語入力は使わないのですが環境を整えてみました。

Tinker BoardにNode-REDをインストールする

イメージ
javascriptのプログラミングツールのNode-REDがお手軽なのでいろいろ遊んでいます。
Raspberry Pi 3なら軽快に動くのですが、データベースを使うネットサービスを動かすと処理速度も気になります。少しでも速い方がやはりいい。
そうだ、Tinker Boardがあったっけ・・・Tinker BoardにNode-REDを入れてみます。

Raspberry Pi Zero WHがkernel panicで落ちる

イメージ
最近Zero WHを買いました。こいつがよく落ちます。
レポジトリのupgrade中に落ちます。

Raspberry Pi用赤外線学習リモコン基板「ADRSIR」を動かしてみる

イメージ
Google Homeでホームオートメーションごっごがしたいので、Raspberry Pi用学習リモコン基板「ADRSIR」を購入しました。
まずは単体で動作確認をしたいのですが・・・
・・・? どうやって動かしたら良いのでしょう?添付の資料が簡素過ぎです。
Linux文化圏で生活していないWindowsユーザー向けに書いてみたいと思います。

RASPBIAN Version:November 2017でxrdpをビルドした

イメージ
しばらく触っていなかったRaspberry Pi 3ですが、RASPBIANがアップデートされていましたので入れ直してみます。
初期設定手順に大きな違いも無くxrdpも入れました。

stretchなRASPBIANとTinkerOSでFFmpegをビルドする

イメージ
Raspberry Pi 3とTinker BoardでFFmpegをビルドしてみました。

RASPBIAN STRETCHでUSB 3G/4Gモデムを使い屋外でもネットワーク接続をする

イメージ
Raspbian StretchにUSB 3G/4Gモデムをつないでみます。屋外ではWiFiアクセスポイントになる設定をしています。
基本的にjessieの頃と同じ設定で動かせるようですが、interfacesファイルの扱いには注意が必要でしょう。

RASPBIAN STRETCH Version:September 2017がリリースされていました

イメージ
Version:September 2017 がリリースされていました。
https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/
インターフェース名を元通りにしたのが大きな違いです。漢字フォントも入りました。

Raspbian stretchなRaspberry PiをWiFiホットスポット化する

イメージ
Raspberry Pi 3のRASPBIAN STRETCHでWiFiアクセスポイント化するスクリプトがやっと動きました。
時々動かない時があるんだけど・・・

Raspbian stretchでは/etc/network/interfacesファイルを使わない方が良いようだ

イメージ
Raspbian stretchでホットスポット化の設定をしています。
stretchになってからのネットワーク周りの動作が判ってきました。dhcpcdサービスが鍵でした。
/etc/network/interfacesファイルの書き方によってはdhcpcdサービスの起動が失敗し動作がおかしくなります。/etc/network/interfacesファイルは使わずに/etc/network/interfaces.dディレクトリを使えば良いようです。

Raspbian stretchのネットワークインターフェースの初期化過程を調べてみる

イメージ
ネットワークのインターフェース名が変わってしまい戸惑っています。新しい名前に変更しても今まで通りに動かなかったりします。
まずはRaspbian stretchのネットワークインターフェースがどのように初期化されるのか調べてみます。

Raspbian stretchのインターフェース設定に苦戦中です

イメージ
Raspberry PiのOS、RaspbianがDebian 9 stretchベースになりました。
ネットワーク名の規則が変わったため今後どう対応したらよいか調べています。
結論は・・・どうしたら良いかわからない!

TinkerOSでxrdpをビルドする

イメージ
TinkerOSでxrdpをビルドしてみます。
pulseaudioのsinkモジュールもビルドしますのでリモート接続でオーディオ再生ができます。

RASPBIAN STRETCHでxrdpをビルドする

イメージ
RASPBIAN STRETCHではレポジトリのxrdpのバージョンが0.9.1になりました。
レポジトリのパッケージを使えばxrdpでクリップボードとドライブのリダイレクトが使えます。
自分でビルドする理由がほぼ無くなりました。ですが最新バージョンを使ってみたいのでビルドしてみます。ビルドスクリプトも作ってみました。

Raspbian StretchではPulseaudioを使わなくなったのでxrdpのサウンドをどうするか思案中

イメージ
前記事から分離しました。
私はRapberry Piのリモート操作にxrdpを使います。Windows中心の私にはvncよりxrdpが便利です。
xrdpは音を出すためにpulseaudioを使っていますが、Raspbian stretchではpulseaudioを使わないようになりました。
pulseaudioを入れる方が良いか、使わないようにするか思案中です。

RASPBIAN STRETCH August 2017には日本語フォントが入っていないようです

イメージ
TinkerOSで遊んでいたらRASPBIANが更新されていたのに気づきませんでした。
RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOP Version August 2017がリリースされました。

TinkerOSに日本語環境を設定する

イメージ
Tinker Boardで遊んでいます。
TinkerOSに日本語環境を設定する手順をまとめてみます。

TinkerOSでxrdpを動かす

イメージ
Tinker Boardで遊んでいます。
Windowsからリモートデスクトップ接続したいのでxrdpを動かしたいです。

最近のコメント

Threaded Recent Comments will be here.

amazon

Now Loading...