投稿

ラベル(ADRSIR)が付いた投稿を表示しています

amazon

Now Loading...
Now Loading...

ADRSIRとRaspberry Pi Zero用ケースの上側カバーを作りました

イメージ
前回下半分しか作らなかった赤外線リモコンADRSIRを載せたRaspberry Pi Zero WH用ケースの全体が一応できました。

赤外線リモコンADRSIRとRaspberry Pi Zero用のケースを作ろう

イメージ
Pi Zero WHで赤外線リモコンADRSIRを使おうとしています。
ケースに入ってないといろいろ不便なので3Dプリンタで作ろうと思いました。
とりあえず下半分だけ作りました。上は・・・どうしよう・・・

赤外線学習リモコンADRSIRはRaspberry Pi Zero Wで動くのか

イメージ
Google Homeと赤外線学習リモコンADRSIRを本格稼働させようと思います。
その前にちょっと実験です。ADRSIRの基本仕様にはZero Wが載っていません。
動かせるのかな?

Raspberry Piがあれば簡単にスマートフォンで家電を操作できる

イメージ
Node-REDでは簡単にネットサービスを作れます。
Raspberry Piを使ってGoogle Homeと赤外線リモコンをつなぐことができました。次はスマートフォンと赤外線リモコンをつないでIoTごっこをしたいです。

Raspberry PiをMQTTブローカーにしてスマートフォンとメッセージのやり取りをすれば赤外線リモコンのコントロールもできそうです。

Raspberry Piの赤外線リモコンADRSIRで連続して赤外線コードを送信するシェルスクリプトを作りました

イメージ
Raspberry Pi用の赤外線リモコンで赤外線コードを連続で送信するスクリプトを作ります。Google Homeとの連携がより便利になるかな?

Google HomeとRaspberry PiのNode-REDで赤外線リモコンのコントロールをする

イメージ
赤外線学習リモコンADRSIRで遊んでいます。Raspberry Pi用のリモコンです。
今回はGoogle Homeの音声コマンドで赤外線コードを送信しスマートホームごっこをしてみます。検索すると多くの例がありますので、この記事ではNode-REDを使って差別化してみます。

ADRSIRのコマンドラインツール IR-remocon02-commandline.pyを使ってみる

イメージ
今回は学習リモコン基板「ADRSIR」のコマンドラインツールを動かしてみます。

ADRSIRは学習できない事が多いエアコンの赤外線コードも多くの機種に対応しているようです。物理的なボタンが10個あり、簡単学習リモコンとして単体でも動かせるようです。Raspberry Piへつなげば学習したコードをファイルへ保存したり、ファイルのコードを送信したりできるようになり、プログラムやネットワークを使って家電製品を遠隔操作できるようになります。

Raspberry Pi用赤外線学習リモコン基板「ADRSIR」を動かしてみる

イメージ
Google Homeでホームオートメーションごっごがしたいので、Raspberry Pi用学習リモコン基板「ADRSIR」を購入しました。
まずは単体で動作確認をしたいのですが・・・
・・・? どうやって動かしたら良いのでしょう?添付の資料が簡素過ぎです。
Linux文化圏で生活していないWindowsユーザー向けに書いてみたいと思います。

最近のコメント

Threaded Recent Comments will be here.

amazon

Now Loading...