投稿

ラベル(Raspberry Pi)が付いた投稿を表示しています

Amazon.co.jp アソシエイト

Now Loading...

Androidでリンクが開かない時は

AndroidのChromeアプリでリンクが開かない時は、アプリの設定でライトモードをオフにしてください

ラズパイのDockerからWSL2のDockerへ引っ越しする

イメージ
待望のWindows10のMay 2020 Updateが一般に提供されました。何が良いってWSL2です。
WindowsでDockerが普通に動くようになったので、今まで別にLinuxサーバーを動かしてたのを停めてWindowsに集約できます。
Docker関連ファイルをラズパイから持ってくるのに手こずったのでメモしておきます。

Raspberry PiでUbuntu 20.04 LTSを使う

イメージ
Ubuntu 20.04 LTSがリリースされました。ラズパイ用のイメージもあります。 Raspberry Pi 4Bで使ってみます。基本的な設定方法を紹介します。

OctoPrintをDockerで動かして3Dプリント中の様子をタイムラプス録画する

イメージ
Raspberry Pi 4BとSSDを収納するケースを3Dプリンタで作ろうと思いました。最近は全く3Dプリンタを動かしていません。パソコンも新調してしまい昔の環境やら設定も無くなっています。ほぼゼロから環境の再構築です。
3DプリンタはパソコンとUSBケーブルでつないで動かします。プリント時間は数時間から丸一日くらいかかります。その間、パソコンのそばに3Dプリンタを置くのはうるさいし邪魔です。こんな時はRaspberry Piを3Dプリンタを動かすコンピュータにすると便利です。今回はOctoPrintというソフトウエアをDockerで動かしてみます。

【Raspberry Pi】UbuntuのシステムをSDメモリからSSDへ移動する

イメージ
Raspberry Pi 4Bで64bitのUbuntuを使って遊んでいます。SDメモリよりUSB接続したSSDの方が速いのは明らかなのでUbuntuをSSDへ移動してみます。

Raspberry Pi 4でUSB3.0接続のSSDがとても遅い

イメージ
Raspberry Pi 4 Model Bの4GBモデルをクラウドストレージとして動かしています。メモリーキャッシュのおかげでSDメモリーカードでもそこそこ動くのですが、より速くしようとUSB3.0でSSDをつなぎました。
ところがSSDのアクセスがとてつもなく遅いのです。

ASUSのルータからDDNSのSSL/TSL証明書をエクスポートしてラズパイで使う

イメージ
ASUSルータのDDNSサービスを使って自宅サーバを公開しようと思います。DDNSの認証局にはLet's Encryptを使ってみます。このSSL/TSL証明書をエクスポートしてラズパイで使うまでを紹介します。

Amazon Product Advertising API 5.0 (PA-API v5)をNode-REDから使う

イメージ
今年に入るまでぜんぜん気づいていなかったのですが、アマゾンアソシエイトで商品情報の検索に使うAmazon Product Advertising API(PA-API)のバージョンが5.0になったそうです。そして古いバージョン4は3月9日までで使えなくなります。
大急ぎでバージョン5.0への移行を行いました。

自宅サーバをnginxで公開するときのssl設定はどうすればいいの?

イメージ
自宅でNextcloudというクラウドサーバみたいなものを動かしています。これをインターネットに公開したいわけです。nginxというリバースプロキシを使うと簡単に公開する設定ができます。ですが安全かつ実用的に公開するには設定しなければならない事がたくさんあります。
facebookで自宅サーバの画像をシェアしたらサムネイルが表示されなかったので真面目に設定してみました。

ラズパイのDockerで使うデータベースイメージは何が良いか?🍣🍺

イメージ
ブログ用のAPIをラズパイで動かしています。メンテが楽なようにDocker上で動くようにしています。いろいろやるには当然データベースを使いたくなります。Dockerの公式イメージにMariaDBがありますが残念ながらARM32ビット用のイメージが無く使うことができません。
代わりは何が良いのか? ラズパイで動くMariaDBのイメージはたくさんあります。
その中で”jsurf/rpi-mariadb”が良さそうです。しばらく悪戦苦闘した結論を書いておきます。

ラズパイ4Bに金属ケース型ヒートシンクを付けてベンチマークをしてみた

イメージ
Raspberry Pi 4 modelBに金属ケース型ヒートシンクを付けてみました。
空冷ファンは付いていませんがどのくらい冷えるのでしょうか?

Raspberry Pi 4BでFFmpegのビルド時間がどのくらい短くなったのか?

イメージ
Raspberry Pi 4Bと3BでFFmpegのビルドを同時にしてみました。

Raspberry Piの負荷や温度をモニタするにはNetdataが便利です

イメージ
Raspberry Pi 4 model Bで遊び始めましたがCPU、メモリや温度の状況をモニターしたいと思いました。できればグラフ表示で。
探せば簡単に見つかるだろうと思ったのですが意外と良いのがありません。
あれこれ試した結果、Netdataがカッコよく表示できて便利でした。

Raspberry Pi 4は縦置きにすると冷える

イメージ
Raspberry Pi 4 model BはPi 3から性能は上がったのですが発熱も多くなりました。
手っ取り早く対策するには縦置きにするとかなり冷えるようです。

Raspberry Pi 4 model Bで画面が映らない!

イメージ
Raspberry Pi 4 model Bが届きました。ゆうパケット遅くてイヤ。
早速動作確認をしようとしたら、いきなり画面が映らないという問題が生じました。

Raspberry Pi 3で64bit ubuntuを使ってNextcloudのSMB共有アクセスが成功した

イメージ
前回はRaspberry Pi 3BでNextcloudを動かす記事を書きました。この時はSMB共有フォルダをNextcloudへマウントする事ができませんでした。
Dockerで動かしていたのですが何となくarmhfな環境が悪いと思いarm64のubuntuへ移植したところWindows Serverのファイル共有フォルダをマウントできるようになりました。

Raspberry Pi 3でNextcloudを動かす時の注意点

イメージ
おうちサーバーをどうするかほったらかしです。
これなら使えそうだと思ったものにNextcloudというソフトウエアがあります。自宅サーバーでおうちクラウドが作れます。スマホのアプリもあり外から自宅サーバーへ簡単にアクセスできます。
今回はNextcloudを動かす方法を紹介してみます。

Raspbian BusterなRPi ZeroにDockerをインストールする

イメージ
Raspberry Pi ZeroでDockerを使ってみます。Raspbian BusterにはDockerの簡単なインストール方法がまだ無いようです。そこで現在の方法を書いてみます。
数ヶ月後には状況が変わっているかもしれません。

Raspberry PiでFFmpegをビルドするDockerfileを作った

イメージ
Raspberry PiでDockerを使えるようにしたのでFFmpegのビルド用イメージを作ってみました。
いつでも簡単に最新のFFmpegが使えるようになります。

Docker ComposeでNode-REDとnginxを動かしてみる

イメージ
Docker Composeを使ってNode-REDとnginx 2つのコンテナを動かしてみます。
nginxのリバースプロキシを使ってnginxの80番ポートをブラウザで開くとNode-REDの1880ポートへ転送されNode-REDのフローが表示できる事を確かめてみます。

Raspberry PiにDocker Composeをインストールする

イメージ
今回はDocker Composeをインストールしてみます。

Adsense

最近のコメント

Threaded Recent Comments will be here.

Amazon.co.jp アソシエイト

Now Loading...