投稿

ラベル(Windows Subsystem for Linux)が付いた投稿を表示しています

Amazon.co.jp アソシエイト

Now Loading...

ffmpeg-windows-build-helpersでCannot determine executable suffixとエラーが出てビルドできない

イメージ
FFmpegをビルドしようとするとgmp-6.1.2で"Cannot determine executable suffix"と出てビルドできませんでした。

TorifierのせいでWSLのUbuntuのアップデートができない

Windows Subsystem for LinuxのUbuntuをupdateしようとしたら
”Temporary failure resolving 'security.ubuntu.com'”
とか言われてアップデートしてくれません。

Windows 10のUbuntuアプリ18.04でFFmpegをビルドする

イメージ
改めてWindows 10でFFmpegをビルドする方法をまとめました。
Windows Subsystem for LinuxのUbuntuを使ってWindows用FFmpegをビルドします。
この記事公開時でのUbuntuのバージョンは18.04です。

久しぶりにFFmpegのビルドに成功した

イメージ
Windows Subsystem for Linux(WSL)のUbuntuでFFmpegのビルドしています。
ffmpeg-windows-build-helpersを使ったFFmpegのビルドに久しぶりに成功しました。

bzip2が怪しくてffmpegのビルドができない

Windowsのubuntuでffmpegのビルドがここ数か月成功しません。
ビルドには次のスクリプトを使っていました。
rdp/ffmpeg-windows-build-helpers

Windows用FFmpegをWindows 10でビルドする (Bash on Ubuntu on Windows)

イメージ
FFmpegをWindows10でビルドしてみます。
FFmpegはLinuxでビルドする必要があります。Windowsでビルドするには開発環境の準備がとても面倒でした。しかし、Windows 10ではそのLinux環境が標準で搭載されてしまったのです。これは試すしかない!(Creators Updateを入れる必要があります)
FFmpegのビルドにはLinuxでWindowsバイナリをビルドするクロスコンパイルを行います。初めてでは面倒な事が多そうなので、支援ツールのffmpeg-windows-build-helpersを使ってみます。
できるだけWindowsユーザー向けに手順の説明をしたいと思います。私はLinuxを良くは知りません。

Handbrake CLIをWindows 10の"Bash on Ubuntu on Windows"でビルドしてみる

イメージ
ランサムウェアなどで古いWindowsが危険な事が周知されてきたと思います。とはいえ最新のWindowsにして何かメリットがあるかというと・・・実感できないですよね。

今回はWindows 10の新しい機能 "Bash on Ubuntu on Windows" を使ってビデオエンコードソフトウエアのHandbrake CLIをビルドしてみます。

Adsense

最近のコメント

Threaded Recent Comments will be here.

Amazon.co.jp アソシエイト

Now Loading...