投稿

ラベル(ビデオ)が付いた投稿を表示しています

amazon

Now Loading...
Now Loading...

ネストしたスクリプトで文字をエスケープする方法がわからない

今回は独り言です。
最近作っているVBScriptがファイルによって思った動作をしなくなります。

ビデオのエンコード解像度でx264/x265のcrf値を決めてみる

前回の記事でffmpegを使いD&Dで簡単にエンコードするスクリプトを作りました。
エンコードの品質を決めるcrf値を自動計算しているのですが、その計算に使うパラメータを求める表を作ってみました。

ドラッグ&ドロップで使えるビデオエンコード用スクリプトを作った(ffmpeg libx264)

イメージ
エクスプローラーからビデオファイルをドラッグ&ドロップしてエンコードできるffmpeg用VBScriptを作りました。ファイル名に%や&^等がが入っていても動きます。Unicodeの文字😃👍🈙🈑🈔🈡などがあってもOKです。
エンコーダはlibx264を使います。出力解像度に合わせてcrf値を計算するので解像度の異なるビデオもまとめてエンコードできます。

World War 3の早期アクセスが始まりました

イメージ
World War 3の早期アクセスが始まりましたね。

MKA対応とラウドネス調整をするようDLNAサーバーBMS2用Luaスクリプトを更新

イメージ
2年ぶりくらいにBeer Media Server 2用のスクリプトを修正しました。
テレビでパソコンのオーディオファイルを再生させる時に音量を自動調整するようにしました。


Windows 10のUbuntuアプリ18.04でFFmpegをビルドする

イメージ
改めてWindows 10でFFmpegをビルドする方法をまとめました。
Windows Subsystem for LinuxのUbuntuを使ってWindows用FFmpegをビルドします。
この記事公開時でのUbuntuのバージョンは18.04です。

パソコンでビデオを高画質再生するmadVRビデオレンダラを使ってみる

イメージ
今時はパソコンでビデオの再生なんて普通にできると思うのですが、少しでも画質を良くしたいと思うのならmadVRというビデオレンダラーを使ってみると良いでしょう。
GPUの計算能力をフルに使って映像を最適に作ってくれるソフトウエアです。

ビデオエンコード時にビットレートをケチって画が荒れてるのが気になるとか、バンディングに悩んでいるならお勧めです。

ffmpegでUSBカメラの映像をHLSでライブストリーミングする

イメージ
OctoPrintとUSBカメラを使うと3Dプリンタの動作状況をリアルタイムでストリーミングできます。ですがストリーミングにmjpg-streamerが使われるため音声は送信されません。
mjpg-streamerの代わりにffmpegでHLSを生成し映像と音声をストリーミングしてみます。

RaspbianにOctoPrintをインストールする

イメージ
OctoPrintをRaspberry Pi 3 Bなどで動かすと3Dプリンタをブラウザから管理できます。USBカメラでプリントの状況をリアルタイムで見ることもできます。
以前に、最小構成のOSで手軽にOctoPrintを動かせるOctoPiを使いましたが、今回はOctoPiを使わずOctoPrintをソースからインストールしてみます。

$35のRaspberry Pi 3 Model B+が発売されます

イメージ
A BRAND-NEW PI FOR Π DAYRaspberry Pi 3 Model B+ is now on sale now for $35, featuring: – A 1.4GHz 64-bit quad-core ARM Cortex-A53 CPU – Dual-band 802.11ac wireless LAN and Bluetooth 4.2 – Faster Ethernet (Gigabit Ethernet over USB 2.0) – Power-over-Ethernet support (with separate PoE HAT) – Improved PXE network and USB mass-storage booting – Improved thermal management Alongside a 200MHz increase in peak CPU clock frequency, we have roughly three times the wired and wireless network throughput, and the ability to sustain high performance for much longer periods. LANがギガビットに対応します。ですがUSB2.0接続なのでどこまで速度が出るのか気になります。
WiFiは11ac対応になり電子レンジの影響を避けられます。
入門用という範疇を超えプロトタイプ用としてさらに魅力的になりました。
私としてはビデオエンコード性能が一番気になります。ソフトが揃うのが楽しみです。

RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOPもVersion:March 2018がリリースされました。
64ビット化はされていないようですね。
WiFiファームウエアがバージョンアップされています。Pi Zero Wの不安定さが改善されるといいなぁ。

TinkerOS Ver.2.0.4に日本語環境を設定する手順のビデオを作りました。

イメージ
久しぶりにTinker Boardを触っています。
日本語入力は使わないのですが環境を整えてみました。

RASPBIAN STRETCHでxrdpをビルドする

イメージ
RASPBIAN STRETCHではレポジトリのxrdpのバージョンが0.9.1になりました。
レポジトリのパッケージを使えばxrdpでクリップボードとドライブのリダイレクトが使えます。
自分でビルドする理由がほぼ無くなりました。ですが最新バージョンを使ってみたいのでビルドしてみます。ビルドスクリプトも作ってみました。

RASPBIAN STRETCH August 2017には日本語フォントが入っていないようです

イメージ
TinkerOSで遊んでいたらRASPBIANが更新されていたのに気づきませんでした。
RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOP Version August 2017がリリースされました。

Tinker BoardはHDMI-CECが使えないためテレビのリモコンで操作できません

イメージ
ASUSのTinker Boardで遊んでます。
GPU性能がRaspberry Piよりかなり良いと宣伝しているので、メディアプレーヤーとして興味を持っている方も多いでしょう。
Tinker BoardはHDMI-CECに対応していないようです。Kodiなどでテレビのリモコンが使えないです。

TinkerOSに日本語環境を設定する

イメージ
Tinker Boardで遊んでいます。
TinkerOSに日本語環境を設定する手順をまとめてみます。

Tinker BoardのAndroidブート画面

イメージ
Tinker Boardを買いました。
公式OSにAndroidがあるので動かしてみました。

ffmpegで24fps化してみる(pullupとfieldmatch)

イメージ
ffmpegを使って24fps化をするコマンドを忘れないうちに書いておきます。24fps化は逆テレシネやインターレース解除など面倒な事が起こります。fieldmatchとpullupフィルタを試します。
今回は急に思い立って2日ほどで試したコマンドなので最適かどうかはわかりません。

Handbrake CLIをWindows 10の"Bash on Ubuntu on Windows"でビルドしてみる

イメージ
ランサムウェアなどで古いWindowsが危険な事が周知されてきたと思います。とはいえ最新のWindowsにして何かメリットがあるかというと・・・実感できないですよね。

今回はWindows 10の新しい機能 "Bash on Ubuntu on Windows" を使ってビデオエンコードソフトウエアのHandbrake CLIをビルドしてみます。

USB HDMIキャプチャFEBON238HをRaspberry Pi 3に接続するとどう見えるのか?

イメージ
FEBON238HはUSB接続のHDMIキャプチャです。USB Video Classに対応しているためHDMI端子のあるカメラをUSBカメラの様に扱う事ができます。
Raspberry Pi 3につないで動かせるのか確かめてみます。

東京湾と相模湾を一望できる大楠山はハイキングにお薦めです

イメージ
三浦半島で一番高い山 大楠山
たいして高い山ではないのですが、ここからの眺めは日本一。
ハイキングにおすすめです。

最近のコメント

Threaded Recent Comments will be here.

amazon

Now Loading...