投稿

ラベル(Storage Spaces)が付いた投稿を表示しています

amazon

Now Loading...

SSDとHDDでWindows 10の記憶域スペースを作る

イメージ
Windows 10の次回のアップデートではReFSフォーマットが作成できなくなるそうです。新規フォーマットができなくなるだけで読み書きはできるようです。
Features that are removed or deprecated in Windows 10 Fall Creators Update
"Resilient File System (ReFS)
Creation ability will be available in the following editions only: Windows 10 Enterprise and Windows 10 Pro for Workstations.
Creation ability will be removed from all other editions.  All other editions will have Read and Write ability."残念なことです。でも他のパーティション操作ツールで作れるのかな?
Tinker Boardで遊ぶのに忙しくて書きかけの記憶域スペースの記事を放って置いたのですが、10月になっちゃう前に公開しとかないと・・・

Windows 10の記憶域スペースで使うHDDの数を考えてみる

イメージ
Windows 10で使う記憶域スペースの使い方を調べているのですが、元がWindows Server用の機能なのでHDDやSSDを湯水のように扱う話ばかりが出てきます。
うちのPCではそんなにつなげないよ!
という事で、個人で使う現実路線の記憶域スペースを考えてみます。

WESTERN DIGITALのSSD WD Green WDS120G1G0Aのベンチマークをとってみた

イメージ
Windows 10の記憶域プールをいろいろ試しています。
RAID5相当のパリティでの書込み速度が遅すぎて実用にならないためSSDを使った高速化の効果を確かめたいと思いました。SSDが2台必要ですが手元に1台しか使えるものがないので、 WESTERN DIGITALのWD Green WDS120G1G0Aを買ってみました。

記憶域スペースで使うPowerShellのコマンドレットをメモしておきます

イメージ
Winodws 10の記憶域プールを使おうといろいろ試しています。
"記憶域の管理"画面だけでは操作できない事があるため、時々PowerShellのコマンドレットを使います。
すぐに忘れるのでメモしておきます。不定期に加筆するかもしれません。
GUIでできるものはGUIを使った方が間違えが少なく良いでしょう。

Windows 10の記憶域プールのジャーナルディスクが一つ使えなくなるとどうなるか

イメージ
Windows 10の記憶域プールのお試しをしています。
記憶域に追加したジャーナルディスクが壊れたとしたらどうなるか試してみました。

RAID1とRAID5のどちらか迷ったらWindows 10の記憶域スペースを使うのもあり

イメージ
今までアーカイブ用ストレージは安いRAIDケースで済ませていました。
ソフトウエアRAIDは大したメリットもなく転送速度が遅いので使う意味を感じませんでした。
Windows 10のアップデートで新しいフォーマットReFSが使えるようになり記憶域スペースを使うメリットが出てきたかもしれないので試してみます。
RAID1とRAID5が同居できたら便利そうですよね。

JMicronのSATAコントローラでは記憶域プールを作ることができない

イメージ
サポート期限の切れたWindows Home Server 2011をただのファイル共有だけで動かしています。そろそろハードディスクの寿命が気になりだしたのでファイルのコピーをしておこうと思っています。
Windows 10のCreators Updateでは現在のWindows Serverと同等の記憶域プールを使う事ができるようになったようです。
試してみようと思ったのですが・・・

amazon

Now Loading...

最近のコメント

Threaded Recent Comments will be here.