amazon

Now Loading...

Zeranoe FFmpeg BuildsでQSVをサポートしてくれたがビルドによってはlibmfxが入っていないので注意しましょう

BMS2を使ってテレビでPCのメディアファイルを見れるようにしています。パソコンのファイルはそのままではテレビで再生できないものが多いのでリアルタイムにトランスコードしています。

トランスコードにはffmpegを使っています。ffmpegの実行コードを公開してくださっているZeranoe FFmpeg様ではQSVを使えるlibmfxサポートするようになりました。

早速試してみようと思います。
ところでZeranoe FFmpeg様では毎日最新のビルドを公開されていますが、日によってlibmfxが入っていないものがあります。最初にRead Meを見てlibmfxがあるか確認しましょう。


BMS2でのトランスコードにはffmpegを主に使っています。ffmpegを使うとエンコードはソフトウエアで行う事になり、リアルタイムでトランスコードするにはmpeg2でエンコードする必要がありました。

ハードウエアによるトランスコードを使うとh.264でエンコードが可能となります。同じネット帯域でもより良い画質でテレビへ送る事ができます。今まではffmpegではエンコードできないので代りにQSVEncCを使わせて頂いてました。
最近はffmpegでもハードウエアエンコードができるようになってきています。

そしてついに、Zeranoe FFmpeg様がQSVエンコードできるライブラリをサポートしてくれるようになりました。

libmfx support has been added to the Zeranoe FFmpeg builds.
Zeranoe FFmpeg - libmfx Added

早速試そうとしたのですが・・・h264_qsvが無い・・・? あれ?

どうやらlibmfxが有効になっているビルドとなっていないビルドがあります。日によってマチマチなのでReadMeを最初に開いてlibmfxがあるか探しましょう。
2.7のリリースビルドが公開されましたが何故かQSVが入っていません。残念。
この記事を書いた時点でffmpeg-20150610-git-913685fがlibmfxの入った最新版のようです。
NVENCもいれてくれないかなぁ・・・

こういったオープンソフトウエアはライセンスの関係で実行ファイルを配布できないものが多いです。ソースを公開しとくから自分でビルドして実行してね! というのが基本です。
自分でビルドするものはブログネタ的に一般性を欠きますので有名なビルド元がサポートしてくれる事はうれしいです。音声エンコーダもlibfaacが良いといいますがフリーソフトでは無縁になってしまいます。


コメント

amazon

Now Loading...

最近のコメント

Threaded Recent Comments will be here.