amazon

Now Loading...

Windows 10のBSoDにはチェックディスクが効くときもある

Windows 10へアップグレード後にブルースクリーンを良く見るようになりました。Windows 7以後はほとんど見なくなったBSoDですがWindows 10で復活しました。

原因が判らず困った時は気休めにチェックディスクをしてみると良いかもしれません。


3Dプリンタで造形中に気づくとプリンタが停まっています。またLANケーブルの接触不良か・・・なんて思いながらパソコンでリセット作業をしようとすると、何やらパソコンが再起動した気配が。

その後も私がパソコンを見ていないタイミングでピッと音がして再起動を始めているようです。そしてやっと現場を押さえると・・・Blue Screen of Death (BSoD)なんて久しぶりです。

特に前触れも無く、直前の操作にも関係なくBSoDを起こすようです。これはメモリーがやられたか? CPUのオーバークロックが夏の暑さに耐えられなくなったか? と原因を推定します。
BSoDのエラーメッセージを見ると毎回異なる原因を言ってきます。Watchdog Timerだったり割り込みだったり。
QSVでエンコードをさせると1分くらいで青画面を拝めます。ビデオドライバが原因でしょうか?

私のパソコンのCPUはi7-2600kです。第二世代のHDグラフィックスでまだWindows 10用のドライバがありません。ドライバのアップデートは後回しの古い世代になってしまいました。
これはWindows 8.1へ戻すしかないかなぁと思いだしました。

他のパソコンでもWindows 10へアップグレードすると調子がおかしくなっていました。Surface Pro 3もアップグレードしたんですが調子悪いです。こちらはBSoDなどは起きませんがデスクトップ画面が表示されないという謎の動作をしました。サインインはできるんです。が、その後デスクトップ画面が表示されず黒い画面のままになります。
Windows 10ではスタート画面が無くなりデスクトップ画面がすぐに表示されるはずなのですが・・・。仕事で使うのでもうWindows 8.1を復元しようと思いました。しかいアクションセンターを開くことができません。そんなにWindows 10を使わせたいのでしょうか!
何とかコマンドプロンプトを表示させる事ができました。ところで、何をしたら良いのでしょうか?アクションセンターを開くコマンドを打っても以前のWindowsを復元するメニューの無いコントロールパネルが表示されます。
システムの再インストールを覚悟しました。その前にチェックディスクをしてみる事にしました。
"c:\> chkdsk /f"
再起動をするとチェックディスクが始まります。
チェックディスクが終わってサインインしてみるとデスクトップ画面が表示されるようになっていました。
この機会を逃すまいとさっさとWindows 8.1の復元をしました。その後、無事復元完了・・・
と思ったら、またまたデスクトップ画面が開かない。やはりシステムの再インストールか、とあきらめかけていました。事前に登録していた他のユーザーIDだと問題なくサインインできデスクトップ画面を表示できる事が判ったので、早速チェックディスクをしてみました。
するとデスクトップが表示できなかったユーザーでも問題なく動くようになりました。

こんな事をやっていたので、i7-2600k でも試しにチェックディスクをしてみようと思いました。SSDなのでチェックディスクなんてすぐに終わります。良い時代になりました。
チェックディスクをした後に1日ほどQSVでエンコードとか負荷をかける作業をしていますがBSoDは生じなくなったようです。

こんな事もありますので
何だか判らないBSoDが生じている方はチェックディスクを試して見ると何か良い事があるかもしれません。

コメント

amazon

Now Loading...

最近のコメント

Threaded Recent Comments will be here.