amazon

Now Loading...

掃除機のパワーブラシが回らなくなったのでヘッドだけ買い替えた

掃除機が重い!と年老いた母親が言っているので最近の軽い掃除機に買い替えました。
古い掃除機は私のところで使うことにしましたが掃除機のヘッドのパワーブラシが回転しなくなってました。7・8年使っていたのかな?よくある故障です。
掃除機を買い替えるのもバカらしいのでヘッドだけ交換してみました。


掃除機の機種はパナソニックのMC-P700Jです。ヘッドに回転ブラシが付いていてモータでブラシを回すやつです。
分解掃除しつつ様子を見てみます。こういった故障は次の原因にだいたい分かれます。

  1. ホースの途中で断線している
  2. ヘッドまで電気はきているがヘッドの中で断線している
  3. モータとブラシをつなぐベルトが切れている・摩耗している
  4. モータが壊れている
  5. 本体の故障

ほとんどは1か2が原因ではないでしょうか。私は以前、日立の掃除機でもヘッドだけ交換した事があります。その時は2が原因でしたが直したらすぐに3の症状が出て壊れたので交換しました。

今回は通電はしていてもモータが全く回らなくなっていました。モータがいかれた感じです。
amazonのクチコミを見てもモータでブラシを回すヘッドはすぐに壊れるみたいですね。

さて、この機会に私のところの掃除機も買い替えてもいいかなぁ、なんて思って最近の機種を調べたりしました。ちなみに私は紙パック派です。サイクロンって40年前の掃除機に退化してるとしか思えません。コードを引っ張るとフィルタを叩く? それって大昔に見た!
ということで掃除機なんて大した進歩はしていません。ヘッドだけ交換して様子を見ることにしました。

通販が発達して補修部品を入手するのも簡単になりました。まずは今のヘッドの型番を見ます。”AMV99R-4G”と書いてあります。早速検索すると・・・ありませんねぇ。あれ・・・。
似たような型番は見つかりますが、使えるか使えないかよく判りません。どこまで互換性があるのかなんて補修部品には書いてないようです。こういったときは実際に交換した方のブログが頼りなのですが検索が大変です。ショッピングサイトの宣伝に埋もれてしまいますからね。

いろいろ調べた結果、”AMV99R-4G”というものは"AMV99R-9Q0H"という型番に変わったようです。


パナソニックの掃除機の場合、ヘッドが親ノズル、子ノズルと2つに分離する構造になっています。上で紹介した商品は親ノズルだけです。
ヨドバシ.comでもありましたので、私はヨドバシで買いました。

ポチって翌日に商品が届きました。速い!

壊れたヘッド(下)
上が新しいヘッド、下は壊れたヘッドです。確かに同じ形をしています。ブラシ面は古いヘッドの汚れがひどくて写真を載せませんが同じ形でした。
これでブラシが回らないと無駄な買い物になってしまうわけですが、ちゃんと動きました。

さて、これもブログ記事にしておこうか・・・と思って落ち着いて調べ直すと他にも使えそうな部品がある事に気づきました。



こちらは実際に購入して試したわけではありませんので本当につなげられるかわかりません。対応機種的には使えそうです。購入検討する方は自己責任で。
"AMV85P-9Q0H"は親ノズルと子ノズルセットになっているようです。今のヘッドがひどく汚れている場合は両方交換した方が気持ち的に良いかもしれません。
"AMV99R-6W0H"は"AMV99R-9Q0H"に型番が変更になったようですので同じく使えそうです。
入手しやすいものを選ぶと良いのではないでしょうか。






コメント

amazon

Now Loading...

最近のコメント

Threaded Recent Comments will be here.