amazon

Now Loading...

VAIO F(VPCF119FJ)をWindows 10にしたがGiga Pocket Digitalは動かなかった

VAIO FをWindows 10にする際気になる事にGiga Pocket Digitalが動くかどうかというのがあります。
ほとんど使っていないのですがせっかくのVAIOですからね。

Windows 10への無料アップグレード期間の終わりも見えてきたのでちょっといろいろ試してみました。

結論としては、VAIO F(VPCF119FJ)はWindows 10でGiga Pocket Digitalは使えないようです。


Windows 10でGiga Pocket Digitalが動かせるか試すため、VAIOを出荷時の状態に戻します。

リカバリーディスクで購入時の状態にする


まずは完全に初期化します。リカバリーディスクを使って購入時の状態にします。もう5年前のPCなのでリカバリーディスクが見つからず家捜ししてしまいましたが、無事見つかりました。

ほとんど使わないPCですがお古のSSDに換装しています。容量は128GBととても少ないです。テレビの録画をする事はまず無いのでこれでも十分です。

リカバリー時に購入時と同じCドライブとDドライブに分けるか、Cドライブのみにするかを選択できます。SSDの容量が少ないのでCドライブのみでリカバリーしました。

リカバリーからWindows Updateを完了させるまでものすごい時間がかかりますので、これからリカバリーするならSSDに換装する事をお薦めします。

Windows Updateを行う


リカバリーが完了したらWindows Updateをします。Windows 10へのアップグレードができる状態にするまで300個くらいのアップデートプログラムを入れなくてはなりません。

Windows Updateを行う時に罠が一つ待っています。Windows Updateがいくら待っても進まないのです。この問題はWindows Update Clientを最新にすることで回避できるようです。こちらのサイトで詳しく紹介されています。

Windows Updateが遅い、進まない、終わらない、失敗する問題の解決方法
解決方法
Windows Update Client の最新版をインストールする。

リカバリーからWindows Updateをすべて充てるまで丸二日かかりました。HDDでは3日くらいかかるんじゃないでしょうか。

回復イメージを作成する

Windows Updateがすべて終わるとWindows 10のアップグレードを促すようになっているでしょう。アップグレードする前に最新のWindows 7の状態をイメージファイルに書き出していつでも戻れるようにしておきます。

コントロールパネルを開き、システムとセキュリティのバックアップと復元を選びます。


システムイメージの作成でCドライブのイメージを保存しておきましょう。保存する場所はUSB接続の外付けHDDとなるでしょう。
システム修復ディスクも作っておきましょう。CD-RかDVD-Rに焼きます。円盤なんてしばらく使っていなかったので昔のRWを探し回りました。

これを作っておけばいつでも新しいWindows 7へ戻ることができます。

Windows 10へアップグレードする

それではWindows 10へアップグレードします。
画面に従って行えば良いでしょう。特に変な事は起きませんでした。

Giga Pocket Digitalを動かしてみる

無事Windows 10へのアップグレードが完了したら、早速VAIOの最も特徴的なソフトウエアであるGiga Pocket Digitalを動かしてみます。この時点ではGiga Pocket Digitalのバージョンは2です。




はい、動きませんでしたね。

SonyのWindows 10情報に従いGiga Pocket Digiralのアップデートを行ってみます。
Windows 10にアップグレード後にGiga Pocket Digitalが使用できない場合の対処方法(Sony)
Giga Pocket Digital Ver.5.0.1.12190のアップデートプログラムをダウンロードして動かしてみます。


エラーコード 0003 と出ました。アップデートさせてくれません。
古いGiga Pocket Digitalがあるとこのエラーが出ます。そこで今入っているGiga Pocket Digitalをアンインストールします。

古いGiga Pocket Digitalのアンインストール


Giga Pocket Digitalを選択しアンインストール

アンインストール完了
問題なくアンインストールできるはずです。
この時テレビチューナーのハードウエアドライバのアンインストールがされませんが、そのままにしています。

Giga Pocket Digital Ver.5.0.1.12190のインストール

Giga Pocket Digital Ver.5.0.1.12190をインストールします。


画面の指示に従います。インストールできそうな気配・・・


あれれ・・・
エラーコード 2001とか出てしまいました。

チューナードライバのインストール

もう一度Giga Pocket Digital Ver.5.0.1.12190のインストールプログラムを動かします。
今度はインストールを途中で止めてください。先ほどのこのダイアログが出たらOKを押さないでください。


このとき、インストールプログラムが次のフォルダに展開されています。そのフォルダを開きます。


"c:\ProgramData\Sony Corporation\Sony PackagingTemp"です。
ここに何やら数字だらけのフォルダがありますので開きます。さらに"driver"というフォルダがありますので開きます。


DPInstをダブルクリックして動かします。すると何かインストールが始まります。インストールを進めてください。


なにやらインストールが完了しました。

再びGiga Pocket Digital Ver.5.0.1.12190のインストール

Giga Pocket Digital Ver.5.0.1.12190のインストールをします。


インストールが完了しました。

起動不具合修正プログラムのインストール

起動不具合修正プログラムをインストールします。これは何も問題なく終わるでしょう。

Giga Pocket Digitalの起動


それではGiga Pocket Digitalを動かしてみます。

ユーザーID登録の催促

おっ、何か動いてる。
Giga Pocket Digitalの画面が表示されます。しかし何も映りません。チャンネル設定が何もされていない状態ですから当然です。
チャンネルの初期化をすれば良いのですが・・・
B-CASカードを認識していません。


B-CASカードの接触が悪くWindows 7でもこんな状態になることがありました。何度もカードを抜き差ししますが全く認識しません。

実はWindows 7とWindows 10を2往復くらいしています。Windows 7で確実にB-CASカードを認識することを確認してからWindows 10にしたのですが認識してくれません。

これはハードウエアドライバが怪しいです。

デバイスドライバの確認

デバイスマネージャーを開きます。


"サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー"に"Sony Digital TV Tuner"があります。
このバージョン番号を確認します。


バージョン1.26.47.0 となっています。日付を見ると古いですよね。

ドライバの更新

ドライバを更新してみます。


"コンピュータを参照して・・・"を選びます。


"コンピューター上のデバイスドライバーの・・・"を選びます。


2つ同じ名前のドライバがあります。"互換性のあるハードウエアを表示する"のチェックを外します。



バージョン番号と日付が見れました。新しい方を選択して"次へ"を押してインストールしてみます。


"このデバイスドライバがハードウエアと互換性があることを確認できなかったため、・・・"とメッセージが出ました。これはダメそう。


正常に更新されました。 とな?
ちょっと期待して再起動します。

再起動後デバイスドライバの確認

再起動した後にデバイスドライバを開いてみます。


あぁ、ビックリマークが付いています。ダメですね。



"このデバイスを開始できません。(コード 10)"となっています。

Giga Pocket DigitalのVer.4 のドライバも試したりしましたが同じでした。

う~ん、他に試す手が思い浮かばないです。

結論

テレビチューナーのドライバが動かないのでGiga Pocket Digitalは使えないようです。
Giga Pocket Digitalで録画したのなんて買った当時の1週間くらいしかありませんので動かなくてもいいんですけど、VAIOを選んだ理由の一つには変わりないので残念です。

当時からVAIOはあまり買いたくなかったのです。アナログのGiga Pocket時代にデスクトップのVAIOを買った事があります。VAIOのプログラムがアップデートばかりでなかなか安定して動くようにならず、そのままサポート終了という事がありました。
ですが当時、速いCPUを搭載したノートPCが他に見当たらず、奮発してかなり高価なモデルを買いました。目的はCPUだったのでGiga Pocket Digitalが動かなくても問題はないのです。アンテナケーブルをノートにぶら下げるのも嫌ですし。

今となってはCPUも非力に感じますが、普通にWEBやOfficeを動かすには十分な性能です。Windows 10にしても大きな不具合もなく動いています。これは当時の期待以上のことです。
普通のPCとしてあと数年は使えるというのですから素晴らしい事です。ちょっと重量が重いですけど。

コメント

amazon

Now Loading...

最近のコメント

Threaded Recent Comments will be here.