amazon

Now Loading...

Windows 7,8のMedia Center版からアップグレードしたWindows 10ではWindows DVD Playerアプリを期間限定で無料でインストールできる

Windows 10が出た直後はいろいろ情報を探し回って知っていたことをそろそろ忘れています。このところWindowsの再インストールばかりしていて実際に使える環境を整えるのが後回しになっていました。
すっかり忘れていたのがWindows 10ってmpeg2のコーデックが無いということです。あれ?最初にWindows 10にしたときは普通に再生していたような気がする・・・どうしたっけ?


Windows 10を一度試してからWindows 8へ戻していました。ビデオカードを取り換える予定があったためです。また、Windows 10の動作が不安定なためでした。どうやらアップグレードする前から動作に怪しい部分があったためのようです。

Windows 10の基本的なハードウエアドライバが整ってきたようなのでWindows 8.1をクリーンインストールし、アップグレードをし直します。Windows 8.1をクリーンインストールしたので古いソフトとか使わないソフトとかはもうインストールしません。そのためサードパーティのmpeg2のデコーダがない状態になります。

私のWindowsはWindows 7からアップグレードしています。WIndows 8へアップグレードした時点でWindows Media Center(以後WMC)を入手しています。WMCのデコーダでmpeg2の再生ができる状態です。しかし、Windows 10へアップグレードするとWMCはアンインストールされてしまいます。つまりmpeg2のデコーダが無くなってしまうわけです。

私はWMCが無料の期間に入手しましたが通常は有料で購入するものです。Windows 10へのアップグレードで使えなくなるのはいかがなものか?
というわけで次に紹介するようにWindows DVD Player アプリを無償で入手できます。
Windows DVD プレーヤー
"Windows Media Center が付属している Windows 7 Home Premium、Professional、Ultimate、Windows 8、または Windows 8.1 を実行中のユーザーは、期間限定で Windows DVD プレーヤー アプリを無償で入手できます。"
どうやって入手するかというとWindows Updateで勝手に入るはずです。更新プログラムの番号はKB3081704です。
ただし、Windows 10をクリーンインストールするとこの権利を使えません。Windows 7または8からアップグレードインストールをする必要があります。

これでmpeg2のコーデックが入ります。期間限定とあります。いつまでかはまだ決まっていないようですね。

コメント

amazon

Now Loading...

最近のコメント

Threaded Recent Comments will be here.