amazon

Now Loading...

ポケモンGOの地域格差! 三浦半島で実感する・・・

ポケモンが配信されて1週間が経ちました。
先週の土曜日に葉山(相模湾側)と横須賀(東京湾側)を結ぶ道路を通って、途中ポケモンが出てこない事を感じていました。

トレーナーのレベルも少し上がったので何か出てくるポケモンに変化がないか確かめに行きました。


前回の記事
ポケモンGO: 横須賀のヴェルニー公園でやっとミニリュウをゲット
で、ちらっと県道27号横須賀葉山線を通った事を書きました。

今回はリベンジです。レベルが上がれば何か様子が変わるのではないかと! 行ってない所では新しいポケモンと出会えるかも!?とみんな思いますよね。
それでは改めてコースを考えてみます。横須賀葉山線は一度通ってポケストップが少ない事が分かっています。レベルが上がった分、出てくるポケモンのCPも高くなりモンスターボールをたくさん使います。先週とは違うルートでポケストップの様子もみながら三浦半島の上側半分を一周してみます。

移動手段は自転車。たまごも孵します。
スタートは東京湾側の横須賀市街。県道26号横須賀三崎線を行きます。半島内陸の衣笠から相模湾側の林へ抜けます。林からは国道134号を北上します。相模湾海沿いの景色を堪能しつつ葉山を通って逗子海岸を目指します。逗子からは県道24号横須賀逗子線を行き、横須賀田浦の東京湾側へ戻ります。田浦から国道16号を南下して横須賀市街へ戻ります。

さぁ、どんなポケモンと出会えるでしょうか! 横須賀市街のポケストップでモンスターボールを補充して出発です。今回はまだ捕まえていないかレアポケモン以外は無視します。

しゅっぱ~つ!

・・・
・・・
・・・

いやね。いきなりですが・・・、すぐにわかりました。

・・・
・・・

この企画は失敗です。

・・・
・・・
・・・

ポケモンいねーーぇ。

・・・
・・・

横須賀市街から県道26号の衣笠あたりまではポケストップもそこそこあってお気楽な感じなのですが、良く出るポケモンしかいないです。

衣笠から林までは一山越える感じです。ポケストップも少なくなります。ズパットばっかり。虫タイプがもっと出てくれると期待してたのですが少ないです。
林の交差点が近くなるときにゴースを捕まえられたのが一番の成果ですかね。写真撮りませんでしたけど。あと、ポニータ。かわいいから捕まえます。

しいて言えばコダックが多いですかね。
色がね。似てますから。ピカチュウに。おっ?と何回かね。捕まえようとね。思うんですけどね。あの目でね。見つめられるんですよ。


林からは国道134号を北上します。林では少し何か出るのでは?と期待していたんですよ。
自衛隊の駐屯地とかあるし。

それに、実は今回のメインの目的地が。それは、

電力中央研究所 http://criepi.denken.or.jp/



もうね、期待するしかないじゃないですか。でんきタイプのポケモンがうじゃうじゃと、きっとね。ここで生まれてるに違いない、とかね。

ズバットですか・・・そーですか・・・ 他にはなーんも出てこない・・・

四角形のコースの1辺を通っただけでモチベーション下がりまくりです。

気を取り直して北上します。海の見えるきれいなコースで心も救われます。今日は 夏! って感じですごくきれいでした。
立石公園あたりは海の水もきれいで空も青く雲も白い。駐車場が狭くて車が止めずらいのが難点ですが、ぜひ一度訪れてもらいたい公園の一つです。

引き続き北上して、私がいつもSUPをしている葉山長者ヶ崎へたどり着きます。書くネタも無く葉山に付いてしまった・・・。
長者ヶ崎でちょっと休憩します。ここでまだ捕まえたことのないポケモンの影が表示されました。ちょっとテンションを立て直しかけましたが、いなくなりました

葉山御用邸から横須賀葉山線で帰っちゃおうかと思ったのですが、何やら森戸のあたりがにぎやかだという話を聞いて逗子まで行く事にしました。ですから葉山は海岸沿いの道路を北上しました。

う~ん。いつものポケモンばかりだなぁ。と思いながら走り、気づいたら逗子に付いてました。逗子海岸の北側まで一応走って、相模湾側終了。

そこからは県道24号横須賀逗子線で東京湾を目指します。

まいった。書くネタない。花びらもほとんど舞ってない。俺はこのくそ暑い日に何をしているんだ・・・
東京湾側へ戻るにはまた山を越えなくてはなりません。
でもね。実は電動アシスト自転車なんですよ。バッテリーがもつか心配なので登り坂だけオンにしてます。ロードレーザで走ってると速すぎてたまごが孵らないんです。

という事であっさり田浦へ付きました。

いやぁ。どこかのポケストップで1時間くらいネバって見ようかとも思ったのですが、その気にならない。暑い!

国道16号を南下します。途中16号を逸れて港の方へ。
自衛隊横須賀病院の前でサンドをゲット。箱崎の燃料基地ゲートの前でサイホーンをゲット。

と南下を続けてJR横須賀駅へ着いてしまいました。
あぁ・・・なんという事でしょう。ほとんど成果が無い。サンドは捕まえてなかったので一番の成果かも。

JR横須賀駅の前はヴェルニー公園です。

すると、

Dratini, Vermy Park.

ミニリュウ(Dratini)が出迎えてくれました。やはりヴェルニー公園は出現頻度が高いのでしょうかね。

さらに、

Clefable, Verny Park.
ピクシー(Clefable)まで。お初にお目にかかります。ピッピちゃんにはいつも大変お世話になっております。

あぁ、なんという地域格差、市街地優遇。

しょうがないですよね。マップデータが無いんでしょうから。
イングレスというゲームで遊んでくれた方たちの行動データで人が入れる場所、入れない場所などを決めているのでしょう。安全なゲームにするには確実に人がいて良さそうな場所にポケモンの出現場所を設定するしかないですよね。
イングレスで遊ぶ人が少ない地域はデータが少ないので人が居ていいかダメな場所かを決められません。住宅地なのになんでここにポケモンが良く出るんだろう?なんて所はイングレス民が近くに住んでそうです。
そしてこのデータこそがゲームの命なのですから。

ポケモンGOで遊ぶ人が多ければ多いほど新しい行動データが手に入ります。今後は新たな行動データを基にポケモンの出現場所が変わって行くでしょう。
つまり、ポケモンが出てこない地域の人はひたすらポケモンを探して地元を歩け!という事になると思います。みんな市街地へ行ってしまうと、ポケモン過疎地は過疎のままになるでしょう。
ポケモンGOで遊んで鵜飼いの鵜としてデータを送りましょう。
Googleおそるべし。

他にこんな記事があります。
Now loading a feed...


コメント

amazon

Now Loading...

最近のコメント

Threaded Recent Comments will be here.