amazon

Now Loading...

Windows8でBF3をインストールしてみる



ディスクで買ったBattlefiled3ですがインストールし直すにはどうしたら良いのでしょうか。
昔からPCゲームをやっている人だとパッチのインストールが面倒だという事を知っているでしょう。Windowsを初版DVDでセットアップすると、その後Windows Updateの地獄が来るのと同じです。


EAのゲームはOriginというアプリで管理されるようになりました。きっとこれを使えば良さそうです。

一番初めにOriginをダウンロードします。
http://www.origin.com/jp/download

自分の買ったゲームを表示させダウンロードをします。



放っておけばインストールが完了します。

クラウドデータに同期し前回のブラウザのフィルタ設定が引き継がれます。しかしサーバが一つも見つからないと言われました。そんな時は慌てず"Reset to Default"をクリックしましょう。

そして、フィルタを設定しなおせばサーバが表示されます。追加購入のPREMIUMも問題なく認識していますね。
サーバを選んで”JOIN SERVER”を押します。
ゲーム用のプラグインをインストールするよう促されるので言われるままインストールします。
これでゲームが始まるのを待ちます。

・・・
・・・

・・・
・・・
いやになってきました。DirectX Errorが出ました。CreateSwapChainを呼びだしたら失敗した見たいな事が書いてあります。
まぁお約束のエラーです。BF3の起動アイコンを右クリックして互換性タブを開きます。Vista SP2とWindows7の設定で試したところ両方ともゲームが起動しました。

ちょっとfpsでも見てみるか・・・と気軽に半角/全角キーを押してしまいました!
さて、コマンド入力から戻ることができません。キー入力の設定をいじらなくては・・・どこでやるんだ?

コントロールパネルを開き、”コントロール パネル\時計、言語、および地域\言語”と開きます。言語の追加で"English"そして”United States”を追加します。

Windowsキー+スペースキー で入力言語を切り替えられます。BF3が起動中でも切り替えできました。

ふぅ、やっとゲームができる・・・。


コメント

  1. 通りすがりですが、非常に参考になりました。ありがとうございました。

    返信削除

コメントを投稿

amazon

Now Loading...

最近のコメント

Threaded Recent Comments will be here.