amazon

Now Loading...

換気扇のフィルタがボロボロになったらフィルタだけ買い替えちゃうのもあり

レンジフードの掃除って面倒ですよね。シロッコファンの羽の隙間とか汚れが残ったままになるのが気になってしまいます。フィルタの掃除をしても固まった油がフィルタの中に貯まってしまい、いくら水で流してもきれいに取れない。

数年毎にフィルタだけでも買い替えちゃうのもありかも。


換気扇といってもいろいろあります。扇風機みたいな羽のついた奴は構造も簡単で掃除もしやすいです。最近のキッチンではレンジフードとシロッコファンの組み合わせが多いでしょう。
少し前のキッチンではスロットフィルタというフィルタがあるレンジフードが多いでしょう。

スロットフィルタは細かな油を捕まえて排気管が油まみれになるのを防いでいます。という事で、スロットフィルタは油まみれ。金属の箱のような形でスリットが開いています。なのでフィルタの中は油まみれ。

普段の掃除を怠けていると、とんでもなく汚れたフィルタを掃除しなくてはなりません。洗浄剤に浸しておいても油が溶けて流れてくれる事はありません。箱状のフィルタの中で油が白く固まって出てこなくなってしまいます。

強力な洗剤に浸けてたわしでごしごし擦っていると何やら黒い汚れが落ちてきました。

と、思ったらフィルタの塗装が剥がれていました。一部がはげたらもう開き直って思いっきりゴシゴシ!
黒いフィルタがクリーム色のフィルタに変身です。キッチンがとてもカッコ悪くなりました。

こんな風に我が家と同じような状況になってしまったご家庭も多いかと思います。そんな時はスロットフィルタを買い替えてしまいましょう。そう、名前が判らずフィルタを買い替えられないと思っている方もいるでしょう。スロットフィルタといいます。






スロットフィルタはレンジフードの型番によりたくさんの種類があります。大きさが違うのでご自分の家のレンジフードの型番を調べて、大きさの合うフィルタに交換しましょう。

余談ですが、業務用途ではグリスフィルタというそうです。お店では油の量もコンロの火力も違います。このフィルタがしっかり働いていないと排気ダクトの中が油まみれになり、もしも火がそこの油に着いたら…
と、いうのは家庭でも同じです。フィルタ無しで使うのはやめましょう。

最近のレンジフードはフィルターが無いタイプもあります。風の流れが良く考えられていて、通り道で油が空気と分離され油回収トレイに貯まります。リフォームの計画を立てるときに考えてみるのも良いでしょう。

というのは、我が家もこのタイプに交換してしまいました。フィルタが無くてダイジョブなのか?という疑問もあるでしょう。数か月も使うと油回収トレイにはたっぶりの油が・・・どっかの国なら再利用されそうなくらいきれいに貯まってます。その先のシロッコファンはそれほどひどい油は付いていません。スロットフィルタタイプの頃より油汚れは少ない感じです。何より空気の流れがきれいにできるような構造なので凸凹がほとんどありません。つまり、掃除がとっても楽になりました。










コメント

amazon

Now Loading...

最近のコメント

Threaded Recent Comments will be here.