amazon

Now Loading...

サーバーを再起動すると共有フォルダのファイルをコピーしてもエクスプローラがクラッシュしなくなった:Windows 10 Anniversary Update

Windows 10 Anniversary Updateでアップグレード後、Windows Home Server 2011上の共有フォルダとファイルのコピーや移動をするとWindows 10のエクスプローラの応答が無くなり、数十秒後にエクスプローラが再起動しデスクトップの再描画が行われていました。

WHS2011とWindows 10の両方を再起動すると問題は生じなくなったようです。






Windows 10 Anniversary Updateのインストールに手こずっています。Windows 8のころからのアップグレードに関する問題が未だに発生しているようです。いい加減にしろと思ってしまいますよね。

アップグレードの前にはシステムの整合性を確認しておくことをお薦めします。
DISMツールのイメージ修復を正常なPCのwindowsフォルダを使ってやってみる
クリーンインストールでないのなら、元のシステムに異常があれば正しくアップグレードできるはずもありません。これはMicrosoftは悪くない、とほんの少しだけ思いますが、sfc /scannowを時々やるといつもいつも何か修復されます。ほんとよく壊れる。
MSはもっと簡便な修復ツールを提供すべきでしょう。

そして、前回の記事
Windows 10 Anniversary Updateを入れたらネットワークの共有フォルダからコピーができなくなった
で書きましたように、
ネットワークの共有フォルダからファイルをコピーして持ってこようとするとエクスプローラの応答が無くなります。コピーも移動もできません。
面白いのはドライブレターを割り当てたネットワークドライブでは何の問題も起きない事です。

こんな症状は今まで生じたことがなく、アップグレードをやめ以前のバージョンへ戻しました。

同様な症状の方がネットへ報告してくれることを期待しつつ検索していました。

すると似た症状がありました。

When you try to access files on a network share, Windows Explorer stops responding on a computer that is running Windows 7, Windows Server 2008 R2, Windows Vista or Windows Server 2008
"Consider the following scenario:
  • You have a network share that is hosted on a computer that is running Windows Server 2008 or Windows Server 2008 R2 in a network environment.
  • You map a drive to the network share on a client computer that is running Windows 7, Windows Server 2008 R2, Windows Vista or Windows Server 2008.
  • You open some applications to query the extended attributes of the files on the network share.
  • You open Windows Explorer and then click the mapped drive to browse the files.
In this scenario, Windows Explorer stops responding for about 35 seconds."
そう、こんな感じです。
Windows 7 ? Server 2008 ? いつの話だ・・・
しかし私のファイルサーバーはWindows Home Server 2011なので関係がありそうです。Hotfixとか言っても古すぎて今更関係ある気がしません。

さらに検索すると Windows Server 2012 R2でも似た症状が出てきます。どうやらWindows Serverとの通信に問題が生じていると推測できます。SMBのバージョンの違いとかの話題も見かけました。

最も簡単そうな対処方法はサーバーを再起動する事のようです。これならすぐにできます。

という事で、またまたまたまたWindows 10 Anniversary Updateをインストールしました。無事にインストールが終わり、サーバーのファイルをコピーするとエクスプローラーが応答しなくなる症状も再現しました。

ここで、WHS2011とAnniversary Updateのマシンを同時に再起動します。両方のマシンが動き出してから、ファイルのコピーをしてみると・・・

やったー! ちゃんとできた!

どうやら問題は解決したようです。
共有フォルダに関係する問題が起きたら、とりあえずサーバーを再起動してクライアントとのセッションをクリアするのが良いようです。

そして、前回ちょっと触れたように
COM Surrogateとかが邪魔してファイルのプロパティの削除ができない
で書いた、写真の個人情報のプロパティを削除するときに余計なエラーメッセージが表示される不具合も直っています。
今回のアップデートで一番うれしい修正です。

今回のアップデートはようやく完了したようです。
しばらく使って何も問題が起きなければいいなぁ・・・


【16/08/09追記: WHS2011上の共有ファイルをエクスプローラで表示して右クリックするとエクスプローラが応答しなくなります。サーバ再起動直後は問題ないようですがしばらくするとダメになるっぽい。】

コメント

amazon

Now Loading...

最近のコメント

Threaded Recent Comments will be here.